第70回 メアリー・リー先生 「タフツ大学のカリキュラム改革とその意義」

テーマ 「タフツ大学のカリキュラム改革とその意義」
“Tufts’ Curriculum Reform and Implications for Medical Education”
日 時 2014年10月30日(木) 18時00分~19時30分
資 料 講演ポスター 講演資料
会 場 東京大学本郷キャンパス 医学部総合中央館(医学図書館) 3階 333会議室
>>地図
講 師 メアリー・リー先生(Mary Yu-mee Lee, MD, MS, MA, FACP )
米国 タフツ大学医学部教授
東京大学大学院医学系研究科医学教育国際研究センター 特任教授
(2014年10月-2015年3月)
概 要 数十年にわたって基礎医学と臨床医学の統合による学習の改善という
医学教育改革が叫ばれてきたが,医学生や教員にとってどのような
変化が差を生むのだろうか.すでに研究,臨床,教育をやり繰りし,
精一杯働いている研究志向の大学で変化を起こせるのか.タフツ大学
の統合カリキュラムの例では,医学・歯学・獣医学の4年分の教材が
オンラインにて学生と教員が利用でき,評価は双方向学習に基づき,
臨床スキルは学生間,あるいは学生-教員間のよりよい関係性により,
批判的思考や問題解決スキルを伸ばしてくれる,というような双方向
事例学習を通じた論点を提供してくれる.今回の講演において,改革
プロセスにおいて鍵となるポイント,学生と教員へのインパクトを
もたらす選択,得られた教訓について議論したい. 

(講演は英語でおこないます To be presented in English)
Calls for medical education reform to improve learning by integrating basic and clinical sciences have been heard for decades, but what changes make a difference for students and faculty? Can major changes be made at a research university where faculty are already working as hard as they can to juggle research, clinical work and teaching? Examples from Tufts University’s integrated curriculum will provide discussion points during this interactive case study—all 4 years of materials (lectures, syllabi, lab collections, textbooks, journals, etc.) are available online to all students and faculty all the time (including the dental and veterinary curricula); assessment is based heavily on interactive learning and clinical skills where enhanced student-to-student and student-to-teacher relationships drive critical thinking and problem solving skills. During this session, we will discuss key decision points in the reform process, the impact of choices made on both students and faculty, and some key lessons learned.

Youtube上での動画閲覧

第70回 東京大学医学教育セミナーの内容は、Youtubeでご覧いただけます。