第71回 メアリー・リー先生 「医学部学生の学習者評価:認証評価に向けて」

テーマ 「”Let’s Discuss!” 医学部学生の学習者評価:認証評価に向けて」
“Let’s Discuss!” Student Assessment: Do we know students are learning what we think we are teaching?
日 時 2014年11月28日(金) 18時00分~19時30分
資 料 講演ポスター 講演資料 補足資料
会 場 東京大学本郷キャンパス 医学部総合中央館(医学図書館) 3階 333会議室
>>地図
講 師 メアリー・リー先生(Mary Yu-mee Lee, MD, MS, MA, FACP )
米国 タフツ大学医学部教授
東京大学大学院医学系研究科医学教育国際研究センター 特任教授
(2014年10月-2015年3月)
概 要 医学部の認証評価における重要な基準の1つは,「学生が教育アウトカムを
満たしたことを確証するような評価の原則,方法,実施が行われていなければ
ならない」というものである.達成したいと我々が願っているアウトカムに
基づき,医学教育が行われている様々な場で利用可能な評価方法やフォーマット
について是非論議したい.教育の場には,インタラクティブな教室,シミュ
レーション,特に難易度の高い学習経験である多施設・多科を巻き込んだ臨床
トレーニングをも含む.さらに,形成的フィードバックを提供するための
個人データと,継続的なプログラム改善に必須となる集積データを追跡する
際の技術利用についても触れたい. 

(講演は英語でおこないます To be presented in English)
A key standard for medical school accreditation is that we “must use assessment principles, methods and practices that ensure that the intended educational outcomes are met by the students.” Let’s discuss the range of assessment methods and formats that can be used in the many educational settings where medical training takes place, based on the outcomes that we wish to achieve. Settings will include the interactive classroom, simulation, as well as clinical training where documenting comparable learning experiences across multiple sites and disciplines can be particularly challenging. We will address the use of technology in tracking individual data to provide “formative feedback” to learners as well as aggregate data to support ongoing program improvement which meets another essential “must” for accreditation.

youtube上での動画閲覧

第71回 東京大学医学教育セミナーの内容は、Youtubeで視聴できます。