第75回 メアリー・リー先生「アクティブラーニングを授業や臨床教育に巻き込むための効果的戦略」

テーマ 「アクティブラーニングを授業や臨床教育に巻き込むための効果的戦略」
“Effective strategies for integrating active learning into your classroom or clinic”
日 時 2015年2月27日(金) 18時00分~19時30分
資 料 ポスター 資料1 資料2 資料3 資料4 資料5
会 場 東京大学本郷キャンパス 医学部総合中央館(医学図書館) 3階 333会議室
>>地図
講 師 メアリー・リー先生(Mary Yu-mee Lee, MD, MS, MA, FACP )
米国 タフツ大学医学部教授
東京大学大学院医学系研究科医学教育国際研究センター 特任教授
(2014年10月-2015年3月)
概 要 授業や臨床教育において,学生をアクティブラーニングに巻き込む
ための様々な方法について述べる.よくある教育的な問題点に対し,
アクティブラーニングがどう改善できるだろうか.どのようにして
アクティブラーニングを始めるか,そして学生の取り組みの変化,
学習の改善における効果をどう評価するかにも具体的に触れたい.
事前に聞きたい内容がある方は,是非メールでご連絡下さい.(言語:英語) 

(講演は英語でおこないます To be presented in English)

Whether you teach in a classroom or clinical setting, Dr. Lee will discuss a range of methods for integrating active learning methods to engage students in their own learning. She will point out common teaching problems and how active learning approaches can help address them. She will include specific strategies for getting started, and for assessing their effectiveness in engaging students and improving learning. Feel free to email Dr. Lee ahead of time if you would like her to address a particular problem. (Language: English)

* Before coming to the lecture, your advance registration is highly appreciated.
Please send your name and affiliation by e-mail to:
ircme-lec@m.u-tokyo.ac.jp

U-streamでの動画閲覧

第75回 東京大学医学教育セミナーの内容は、Youtubeでご覧いただけます。