第84回 マラティ・スリニヴァサン先生「学習困難者の支援にどう取り組むか~UCデービスにおける試み」

テーマ 「学習困難者の支援にどう取り組むか~UCデービスにおける試み」
“Medical Education at The University of California, Davis School of Medicine”
日時 2015年11月16日(月) 18時00分~19時30分
資料 講演ポスター 講演スライド
会場 東京大学医学部 総合中央館 3階 333会議室
>>地図
講師 マラティ・スリニヴァサン 先生
(平成27年度 東京大学医学教育国際研究センター 特任准教授
米国カリフォルニア大学デービス校医学部 教授)
Malathi Srinivasan, MD, FACP
(Professor of Medicine, University of California, Davis School of Medicine)
概要 カリフォルニア大学デービス校医学部(以下、UCデービス)は、他の医科大学と同様、医学教育に関するさまざまな課題に取り組んできました。本講演では、UCデービスが次の課題にどう対処してきたかを紹介します。1)新しい人口増加 と労働力の需要にこたえるために医師をどのように育成するか。2)医師の訓練に最適な期間はどれくらいか。3)学年全体の学習の質を保つ一方、ついていくのが困難な学習者をどう支援するか。4)コアな臨床スキルを重視しつつも最新鋭の科学を取り入れるにはどうしたらよいか。5)医師一人に複数の役割やニーズが競合する中で、医学教育者としてどう成長させ、支援をおこなえばよいか。

(原文)As with other medical schools, the University of California, Davis has struggled with a variety of critical questions regarding medical education. In this discussion, we’ll share some approaches to the following questions: 1) How do we train physicians for new population and workforce needs? 2) What is an optimal duration of medical training? 3) How do we help struggling learners, while ensuring high quality education for all? 4) How do we integrate cutting edge science, while not losing core clinical skills? 5) How do we train and support medical educators, who have multiple competing needs?

(講演は英語でおこないます。)

Youtubeでの動画配信

第84回東京大学医学教育セミナーの内容は、Youtube上でご覧いただけます。