第85回 マラティ・スリニヴァサン先生「教育の一環としての入試:医学部入試におけるMMIの活用と限界について」

 

 

テーマ 「教育の一環としての入試:医学部入試におけるMMIの活用と限界について」
“Admissions as a Curricular Tool: The Utility and Limits of Multiple Mini Interviews in Medical School Admissions”
日時 2015年12月21日(月) 18時00分~19時30分
資料 講演ポスター
会場 東京大学医学部 総合中央館 3階 333会議室
>>地図
講師 マラティ・スリニヴァサン 先生
(平成27年度 東京大学医学教育国際研究センター 特任准教授
米国カリフォルニア大学デービス校医学部 教授)
Malathi Srinivasan, MD, FACP
(Professor of Medicine, University of California, Davis School of Medicine)
概要 医学部に誰を入学させるかは、その後の指導に必要なリソースや、最終的に世に送り出す卒業生の質に多大な影響を与える。選考の過程で、医師として働くのに望ましい特質、すなわちコミュニケーション能力や感情的知性、チームワークなどを見極めるために、どれほどの努力をすべきだろう。また、こうしたスキルはどの程度まで教育が可能なのだろうか。医学部の入試面接で、とくに対人スキルと問題解決力をはかる手法として、受験者に10の課題を与えるMultiple Mini Interview(MMI)がある。このセミナーでは、医学部入試における重要な論点を探り、医師となる卒業生の特長を形づくる上でMMIが持つ役割を参加者とともに考察したい。

(原文)Who you admit into your university has profound impact upon the resources you need to train your learners, and the type of “final product” who will leave. During admissions, how much effort should you place in identifying the traits which are desirable in a practicing physician – such as communication skills, emotional intelligence or teamwork? To what extent can these skills be taught? A multiple mini interview (MMI) is a series of 10 very short encounters focusing on interpersonal skills and problem-solving, that occurs during the medical school admissions/interview process. In this session, we will explore sentinel issues in medical school admissions, and consider the role of the MMI in helping to shape the physician graduate characteristics of your medical school class.

※講演は英語でおこないます。

Youtubeでの動画配信

第85回東京大学医学教育セミナーの内容は、Youtube上でご覧いただけます。