第87回 マラティ・スリニヴァサン先生「Revising the Japanese Medical Education Model Core Curriculum: Pathways to the Future of Medicine」

テーマ “Revising the Japanese Medical Education Model Core Curriculum: Pathways to the Future of Medicine”
日時 2016年2月3日(水) 18時00分~19時30分
資料 講演ポスター
会場 東京大学医学部 総合中央館 3階 333会議室
>>地図
講師 マラティ・スリニヴァサン 先生
(平成27年度 東京大学医学教育国際研究センター 特任教授
米国カリフォルニア大学デービス校医学部 教授)
Malathi Srinivasan, MD, FACP
(Professor of Medicine, University of California, Davis School of Medicine)
要旨 The Japanese Ministry of Education and leading Japanese educators are reviewing the 2012 Japanese medical education model core curriculum – which has served as the content template for Japanese medical education for the training of all Japanese physicians. Until the last revision, the model core curriculum has focused mainly on biomedical and clinical content. At the last revision, behavioral sciences, public health, professionalism and self-directed learning content were added, with a strong recommendation to include participatory decision-making clerkships. The 2016 revision holds the promise to revolutionize Japanese medical education, with bold strides forward.
Dr. Srinivasan has been a consultant for the 2016 model core curricular revision process, and will potential approaches (“evolutionary” and “revolutionary”) to meet the current and future healthcare needs of the Japanese public, healthcare learners and the Japanese Schools of Medicine. 

<和訳>文部科学省は医学教育関係者と共に2012年版医学教育モデル・コア・カリキュラム(コアカリ)の見直しを始めた.コアカリは日本の卒前教育内容の枠組みと位置づけられている.2012年版以前は生物医学と臨床医学の内容にかなり偏っていたが,2012年版からは行動科学,公衆衛生,プロフェッショナリズム,自己主導型学習の内容が加わり,参加型クラークシップを含めるような強い推奨もあった.2016年改訂では,さらに大きな改訂とすべく,日本の医学教育に革新を起こすことが期待されている.
Dr. Srinivasanは2016年コアカリ改訂のコンサルタントとして,日本の住民,医学生や医学部の現状および将来的ニーズを満たすため,革新的なアプローチをとりたいと考えている.

Youtubeでの動画配信

第87回東京大学医学教育セミナーの内容は、Youtube上でご覧いただけます。