第88回 マラティ・スリニヴァサン先生「小グループ学習の三つの方略:TBL, CBL, PBL」

テーマ “小グループ学習の三つの方略:TBL, CBL, PBL”
”Comparing Small Group Teaching Methods: Team Based Learning, Problem Based Learning and Case Based Learning”
日時 2016年3月28日(月) 18時00分~20時30分
資料 講演ポスター
会場 東京大学医学部 総合中央館 3階 333会議室
>>地図
講師 マラティ・スリニヴァサン 先生
(平成27年度 東京大学医学教育国際研究センター 特任教授
米国カリフォルニア大学デービス校医学部 教授)
Malathi Srinivasan, MD, FACP
(Professor of Medicine, University of California, Davis School of Medicine)
要旨 In this seminar, Dr. Srinivasan will take the audience through three distinct ways of conducting small group learning. The audience will actively participate in groups, to solve three different dilemmas – discovering whether an art piece is forged or real (using problem based learning), competing for correct group answers about team based learning, and working as a group with young graduate student returning to Japan (using case based learning). Each of these active learning formats varying in the degree of advanced preparation by the learner, and the degree of guidance during the seminar by the faculty. By the end of this seminar, participants will have a clear understanding of the differences between these teaching method and how to implement these techniques within their professional schools . The session will be 2 hours in direct experience of these techniques, followed by 30 minutes of discussion.
<和訳>
本セミナーでは,聴講者にはグループに積極的に参加し,3つの異なった課題に取り組んでいただく.PBLを用いて,ある問題解決のワークをしたり,TBLを通じてグループでの正解を競い合ったり,CBL形式でグループとして作業したりする.これらのアクティブラーニング方法は,学習者の事前準備や学習者へのガイドの度合いにより異なる.このセミナーに参加することで,これらの教育方法の違いがより明確になり,医療者教育の場でこれらをどのように実施すべきかが分かっていただけるだろう.
なお,今回はセミナー2時間,質疑応答30分の特別編となります.スリニヴァサン先生の最終セミナーとなりますので,是非お越しください.
また,ノートパソコンをお持ちの方はご持参されることをお勧めします. 

※講演は英語でおこないます。

第88回東京大学医学教育セミナーの内容は、Youtube上でご覧いただけます。