東京大学医学教育セミナー


 IRCMEではこれまで、主に外国人研究者を講師に迎え、定期的に医学教育をテーマにした講演会を実施してきました。2008年7月からは、これを「東京大学医学教育セミナー」と銘打って、毎月1回無料セミナーを開催しています。ご興味のある方はどなたでもご聴講頂けますので、奮ってご参加下さい。また、これまでに行われた東京大学医学教育セミナーの講演ビデオと資料もご視聴いただけます。東京大学医学教育セミナーに関するご質問は、ircme-lec@m.u-tokyo.ac.jpまでお寄せ下さい。


※講演ビデオをご覧になる際にはreal playerが、資料の閲覧にはAdobe Acrobatが必要になります。



第107回東京大学医学教育セミナー

 

テーマ 「医学部卒業時の臨床能力評価:東大PCC-OSCEの評価構造と信頼性」
“Assessing Clinical Skills of Graduating Medical Students:
Evaluating the Assessment Structure and Reliability of
the University of Tokyo Post-Clinical Clerkship Examination”
日時 2018年2月9日(金) 18時00分~19時30分
資料 講演ポスター
会場 東京大学医学部 総合中央館 3階 333会議室
>>地図
講師 パク ユンス 先生(Yoon Soo Park, PhD)
イリノイ大学シカゴ校医学部医学教育学講座 准教授
Associate Professor
Department of Medical Education, College of Medicine
University of Illinois at Chicago, USA
東京大学大学院医学系研究科 医学教育国際研究センター 特任准教授
(滞在期間:2017年9月~2018年2月)
Project Associate Professor
International Research Center for Medical Education
Graduate School of Medicine, the University of Tokyo
(Visiting from Sep. 2017 to Feb. 2018)
要旨 Post-Clinical Clerkship (Post-CC) examinations are used worldwide to assess the clinical skills of graduating medical students, as they prepare toward completion of their undergraduate medical education training and also to examine their preparedness toward transition to postgraduate residency training. In North America, Post-CC examinations are used to assess graduation readiness and also to provide feedback for students who are preparing for the medical licensing examination. This lecture presents findings from the recent Post-CC examination administered at the University of Tokyo in December 2017. Results include findings on rater agreement, reliability, and other psychometric analyses. These findings are compared with published international benchmarks. Suggestions for future considerations in test development are provided, including issues in standard setting and implications for validity.
【日本語訳】PCC(Post-Clinical Clerkship)OSCEは、卒業時の医学生の臨床能力評価に世界中で使用されており、卒前医学教育の修了に備えるとともに、卒後研修への移行への準備状態を評価するために用いられる。北米では、卒業準備状況の評価と、USMLE準備中の学生にフィードバックするために、PCC-OSCEが使用されている。本講演では、2017年12月に東京大学で行われたPCC-OSCEの結果を、評価者一致度、信頼性、その他の心理測定分析を含めて報告する。これらの知見を、文献上の国際的なベンチマークと比較し、合否判定基準設定や妥当性に関する示唆といった問題を含め、テスト開発における今後の検討事項を提示する。 

■言語:英語

 


過去の医学教育セミナー


2017年度



2016年度



2015年度



2014年度



2013年度



2012年度



2011年度



2010年度



2009年度



2008年度